2016年08月11日

【コミケご案内】C90参加のお知らせ

大変しばらくにお目にかかります。
E231-801でございます。

4月から私は進学いたしまして、尚更忙しくなってしまいこちらに手を付けられなくなっておりましたが、今日はお知らせを兼ねて更新させていただきます。

タイトルの通り、京葉線研究会はコミケ90に参加することが決まりました。
場所は、
3日目 西ら-09a 【京葉線研究会】
です。
今年も、
ZAC-MP218MMD_Hada21_Yabitsu_Kanamin.JPG
彼らとお待ちしております。
(さてどんな幕を出しているかは当日のお楽しみ、で)

頒布物ですが、例年通り電車が走る仕組みをご提供しますが、今回からはお手に取りやすいよう、上下巻に分割いたしました。(上下巻で分冊したため、扱い上はどちらも新刊とさせていただいております。)

【頒布物@】
「電車が走る仕組み 上巻」
(B5表紙込44P \600)
2016sampleA.png
上巻では直流電車編、交流・交直流電車編、モータの冷却編を掲載し、主に直流モータを利用した電車の制御方式についてまとめています。
特に、AVFチョッパ、AFEチョッパについて修正・加筆を行い、また新たにサイリスタ位相制御における交流回生ブレーキについて新たに追加いたしました。
(上巻についてはそこまで多く用意しておりませんので、売り切れの際はご容赦ください)

【頒布物A】
「電車が走る仕組み 下巻」
(B5表紙込48P \600)

2016sampleB.png
下巻ではVVVF編、半導体素子編、ハイブリッド車・バッテリ電車編を掲載し、主に交流モータを利用した電車の制御方式についてまとめています。
特にVVVF編については、交流モータの種類、それぞれのモータの駆動方法、制御の仕方(ベクトル制御やすべり周波数制御など)、インバータの動かし方など新たに書き起こした部分が大半となります。
また半導体素子も、SiC素子の登場に合わせMOSFETについての記載を追加いたしました。
なおハイブリッド車・バッテリ電車についても新たに追加した部分になります。
(こちらの方が今回の目玉扱いとしておりますので、部数は用意してあります)

以上、急ぎご紹介させていただきました。
ご興味のある方は是非、【3日目・西ら-09a】の京葉線研究会にお立ち寄りいただけれれば幸いです。

それでは今日はこの辺で失礼をさせて頂きます。
posted by E231-801 & K.M at 00:34| Comment(0) | 鉄道(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

【2016年 新春】

hatsuhinode2016.JPG
お久しぶりでございます。
E231-801でございます。

元日というわけではありませんが、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ京葉線研究会をよろしくお願い申し上げます。

今年も例年と同様、花水川の河口である平塚市唐ヶ原付近から見える初日の出を撮ってみました。
若干雲が出てしまっているものの、今年は初日の出を拝むことが出来ました。

さて今年は私自身も大学院の2年間が終わり、大きな変化を迎える年となりますが、ブログの方は更新頻度が低いながらも引き続き運営していこうと思います。
むしろ夏のとあるイベントのために動かしているといっても過言ではなさそうな状況ではありますがね…。
(電車が走る仕組みはまだまだ改良の余地があるのであと何回かは続けるつもりですけど)
現在でも更新が大幅に滞る状況が続いておりますけれども、ご容赦のほどを願いたいです。

さて昨年も115系を追っかけて鈍行旅をやったり、学会で地方へ飛んだ際に色々乗ってきたり、同じく学会でタイへ渡航した際にも同行者に無理を言って鉄道に乗ったりとしてきましたが、1本1本の話が長くなり、特にタイの話は長くなるので振り返りは時間が出来たらということにしたいと思います。

今回は毎年恒例元日のバス乗り初めのお話を。
ご贔屓にさせて頂いております神奈中バスですが、昨年いっぱいで南口のツーステが引退しいよいよKL-代の初期ワンステの引退が迫っているということで、探して乗車してきました。
特にこの初期のKL-ワンステには「かなちゃん号」と呼ばれる特別塗装の車が含まれているようで、一部の営業所では教習車になるなど乗車できない状態になっている模様です。
その中でも伊勢原の"い53"、秦野の"は087"、大和の"や64"の3台のみが営業で運用されているとのことです。
元日に私が行動を始めた時間帯では、伊勢原のい53が伊勢原線で動いているようでしたので、それを目当てにすることとしました。

い53の時間まで40分近くあるので、せっかくの1日券だからと南口循環でKL-代に乗車。
か2014で2002年後期組なので、まだしばらくは大丈夫な車でしょう。

南口循環で20分近く揺られたあと、平塚駅の伊勢原線の乗り場に向かいますが時間があるので少々撮影をしてみました。
Hi82_QKG-MP38FK.JPG
ひ82号車(QKG-MP38FK)。2015年11月導入の新車だそうで。
平塚(直営)はだいぶMP38が増えたなぁ、と。
Hi0158_PJ-MP35JM.JPG
ひ0158号車(PJ-MP35JM)。2004年式の管理委託車です。
Hi053_KL-MP35JM(2004).JPG
ひ053号車(KL-MP35JM)。KL-代末期の2004年式でターボ付き6M70なのでPJ代と区別がつきにくいと感じるのは私だけでしょうか…。
Hi085_KL-MP35JM(2002).JPG
ひ085号車(KL-MP35JM)。2002年の後期組でターボ付き6M70が載ってるタイプですが、車内はノンターボ車と何ら変わりないという…ややこしいなぁ。

そうこうしているうちにお目当てのかなちゃん号"い53"の登場です。
I53_KL-MP35JM(2001)_Kanachan_sideR.JPG
(平塚駅にて)
I53_KL-MP35JM(2001)_Kanachan.JPG
(伊勢原駅南口にて)
平90 伊勢原団地経由伊勢原駅行で来ましたので、音を録りながら乗車しました。
かなちゃん号の特徴は車内にもありまして、
I53_seat.JPG
シートの柄が特別仕様になっています。

い53は伊勢原駅到着後回送となってしまったため、日野のKL-HUでも捕まえて平塚に戻ろうかと考えていたところ、2001年式のKL-代の現役車"い43"が平92で来るということだったので、それで戻ることに。
I43_KL-MP35JM(2001).JPG
平92は伊勢原団地を経由せずふじみ野を経由し、また中原の区間は新道を進む系統ですが、380円、30分程度で乗車できる団地経由の平90に比べれば所要時間も延び運賃も440円もかかるので平塚駅-伊勢原駅間を普通に利用する場合には注意が必要です。
まあ、1日券ですしふじみ野経由は乗ったことなかったので音も録りながら乗ることに。
しかしこの"い43"、いい音を出すなぁ…と感動していました。

平塚駅に戻った後は、そのまま家に戻るためのバスに乗車し乗り初めを終えることにしました。
ちゃんと1日券の元はとれていますし、何せ"い43"の音が良すぎて余韻に浸っていたので良しとしました。

こんな感じで時間があれば正月に限らず神奈中を乗り回したいなと思いつつ、今回の記事を締めたいと思います。
また時間があれば、走行音もアップロードしたいと思います。
それでは、失礼します。

【おまけ】
hatsuhinode2016_rinkaru.JPG
りんかるだよ。初日の出だよ!きれいだよ!でも寒いよ…。
posted by E231-801 & K.M at 22:20| Comment(1) | 鉄道(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

群馬遠征!(5月)

E231-801氏「続いてはですね。1年半もブログ更新をサボっておきながら、当ブログでエラそうにしてるK.M君の御挨拶です。」
私「記事と苦笑を運ぶ、K.Mです。」

さて今日は、5月に群馬県でBBQに行った帰りの話をします。
社内で最も火を噴いている案件に入るなど、時間的にも精神的にも余裕がなく、ついこの時期になってしまいました。
1年半ぶりの更新なのにホットな話題ではなくて、どうもすいません(額にゲンコツをかざしつつ)。

IMG_0273.JPG
↑のどかな風景が広がり、かなたの山脈にはまだ残雪が。

IMG_0274.JPG
↑関越道にて。山脈の向こうは新潟県。

関東で唯一足を踏み入れていなかった群馬県に行け、友達とその知り合いたち10数名と共にラフティングや温泉、BBQを堪能しました。

BBQで酒や肉をたらふく摂りこんだ後、皆と別れてJR上越線水上駅へ向かいました。
私は翌日も用事がありましたし、20:10発の電車に乗り込まなければその日のうちに帰れなかったのです。
酒に若干酔いながらも、夜道をダッシュで駆け下り、車の通りが比較的多い道へ(夜の田舎に、車はめったに通らないのです)。

これ以上走っても間に合わないと判断し、ヒッチハイクで車を捕まえ、駅まで送ってもらいました。
親切なおじさんが飛ばして運転してくださったおかげで、発車ギリギリで間に合いました。
運転してくださったおじさん、本当にありがとうございました!

…と、私の思い出話は興味ないですよね。では本題に。
帰りのルートは、以下の通りです。
20:10 水上駅発
(JR上越線・高崎行)
21:02 新前橋着
21:16 新前橋発
(JR両毛線)
23:17 上野着
それから後は、地下鉄で帰りました。ここでは省略します。

IMG_0277.JPG

写真は新前橋駅にて撮影した115系1000番台。車両は4両編成。
300番台をベースに、耐寒耐雪強化構造が施工された新造車です。
力強いモーター音を響かせ、乗客を揺らしながら、夜の関東平野を疾走しました。
通勤型のJR車に慣れている私には、近郊型の国鉄車は新鮮でした。115系には、できればあと20年くらいは北関東で頑張ってほしいものです。

なお上越線では、水上駅以南は高崎車両センターの車両が、水上駅以北は新潟車両センターの車両が使用されています。この場合、高崎車両センター所属のため、カラーリングは湘南色です。

なお、上越線や両毛線は高崎線・湘南新宿ラインとつながっています。
新潟市にある総合車両製作所新津事業所で落成した車両の首都圏への甲種輸送は、ほとんど上越線が使われます。
それを示すように、新前橋からは高崎線直通列車(E231)で乗り換えなしで上野に着きました。

以上が私が5月に、普段は乗らない車両に乗ったお話でした。
酔いと疲れが祟って眠ってしまったので、乗り心地の感想や走行音録音は掲載できません!

今度北関東に行く際は、万全の態勢を整え、もっと研究してブログを書きます。
ではこれにてお開き。ありがとうございました!
posted by E231-801 & K.M at 21:51| Comment(0) | 鉄道(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

【お知らせ】C88 新刊のご案内

(2015年8月13日 頒布本情報更新)

6月末以来となりますが、久しぶりです。
E231-801です。

前回はC88に参加することをお知らせしましたが、今回は頒布する本の情報をお知らせしたいと思います。
しつこいようですが、「京葉線研究会」は

金曜日東地区"モ"ブロック58b

に配置されておりますので、ご確認ください。
当日は、
ZAC-MP218MMD_Hada21_Yabitsu_Kanamin.JPG
某バス会社のねずみのマスコットと、同じく某バス会社のかつての主力車両を模したミニ四駆でお出迎えいたしますので、目印にしてください。(どんな幕を出しているかは当日のお楽しみで)

以下、頒布物の情報です。
【その1】

「電車が走る仕組み+(プラス)」

B5版中綴じ56P 頒布価格:700円予定
densha_plus_top.jpg
densha_plus_P38.jpgdensha_plus_P44.jpg
昨年度ご好評いただいた、電車の様々な制御方式を簡単にまとめた「電車が走る仕組み」の中身を改訂・補足すると共に、制御方式以外にも最近のトレンドであるSiC半導体の話や、"全閉内扇式"という言葉で知られるようになってきたモータの冷却の仕組みを新たに追加し、電車の走りの部分をより広く把握できるようになりました。
またこの本では高校物理レベルとなるように話を進めていますが、定性的で物足りない感じが薄々しておりましたので、今回の「+」からは電磁気や電気機器といった大学レベルの知識を利用し、数式的に原理を説明する章を別に設け、抵抗制御や界磁チョッパ、界磁添加励磁制御といった主に直流電車における直流モータの制御方式をまとめました。
(VVVF制御などは交流モータ制御の話になってしまい、完全に電気工学や電動機制御の専門分野になるのでこの本では除外させていただきました)


【その2】こちらは委託となります。

「東武バスイーストの新7E」

著者:てっけん
B5版中綴じ16P 頒布価格:200円予定
Tobu_FHI7E_top.jpg
てっけん氏の本を委託で頒布させて頂くことになりました。
千葉県北西部、柏市周辺を主な営業エリアとする「東武バスイースト」に所属するor所属していたバス車両のうち、富士重工業製の新7E車体を架装した車両にスポットを当てて、写真と共に紹介した冊子です。
当日は当サークルのお手伝いとして、てっけん氏も参加予定です。

【その3】こちらは委託となります。

「模型製作向き E233系2000番台ディテール資料集」

著者:在羽テヌヒト
B5版18P 頒布価格:200円予定
E233-2000_detail_tajima_top.jpg
あるてぬ氏の本を委託で頒布させて頂くことになりました。
常磐緩行線・地下鉄千代田線で運行されている、JR東日本E233系電車の地下鉄乗り入れバージョン、2000番台の各部の外観資料写真をまとめた冊子です。鉄道模型のお供にどうぞ。
当日は当サークルのお手伝いとして、あるてぬ氏も参加予定です。


以上3点を頒布させて頂く予定です。
ご興味がありましたら、ぜひ一度お手に取ってご覧いただきたく思います。

また追加がありましたら、随時このページ及びコミケwebカタログ、twitterで更新していきますのでご確認ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、今日はこの辺でお開き。
posted by E231-801 & K.M at 22:38| Comment(0) | 鉄道(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

【お知らせ】C88参加決定

お久しぶりでございます。
E231-801です。

早速ではありますが、お知らせです。
昨年度は委託という形での参加でしたが、今年は「京葉線研究会」として夏のコミケに参加することとなりました。

配置場所は…

金曜日東地区"モ"ブロック58b

となります。
カタログ上では、
circle-cut.png
このカットを目印にして頂ければ幸いです。
(一応界磁チョッパ、電機子チョッパ、界磁添加励磁制御、VVVF制御の代表車種を選定したつもりです)

なお頒布物は、昨年度ご好評いただきました「電車が走る仕組み」を改訂・増補しました「電車が走る仕組み+(プラス)」を頒布させて頂こうと思っております。
詳細については決まり次第お知らせいたしますので、こうご期待ください。

今回は取り急ぎご報告まで。
では。
posted by E231-801 & K.M at 10:11| Comment(0) | 鉄道(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。